「火の利用によって人間の文明は急速に進化を遂げました。その周りには人々が集い、祈り、食べ、語らい、太古から積み重なった磁場が存在するような気がします。火を見つめ直すこと、光を見つめ直すことは人の営みを見つめ直すことと同義だと思うのです。」

キャンドルのような2000Kの柔らかい温かな色は、hymnの世界観には必要不可欠な要素です。

また、揺らぎある光はペンデュラムレンズの動きによって生み出されていますが、点灯時、消灯時における特徴的なLEDの光の動きが組まれていることもポイントです。点灯時は火が灯るように強く輝いた後に光量が落ち着き、その後は好みによって一段階強い光量を選択することもできます。さらに消灯時には火を吹き消すように瞬きながら消えていき、光と触れ合う楽しさを遊び心を持って表現しています。

そして、あらゆる方向からの強い水流にも耐えられるIP66相当の防水性能を備えているので、バスルームや屋外でも安心してお使いいただけます。ドーム型のガラスシェードが、通常の火では実現できない形状を採用している点もhymnらしさのひとつになっています。 

 

現代の光の在り方を探求していく上で、ふと私の脳裏に浮かんだのはイタリアのフィレンツェにある教会に足を運んだ時のことでした。
聖堂の真下には半地下の空間が広がっていて、薄暗いのですが、小さな窓から日中の光がほのかに差し、澄んだ空気感だったことを記憶しています。

その空間に光の粒が、ゆらゆらと揺蕩いながら、宙に浮かんでいました。それは一本の蝋燭の火でした。

鮮烈なその記憶を辿りながら、思い巡らすと、人間が太古より扱ってきた「火」という存在は、現代においても私たちの暮らしと密接な繋がりがあることに疑いはありません。

火の周りに人が集い、その光に祈り、食べ、語らうような、人間の暮らしに寄り添う温かな光の風景。そのシーンは私たちの心を深く揺れ動かす新たな情感を生み続けているように感じます。

hymnはその「火」という原始的な光をコンセプトにプロトタイプ作品として2019年にイタリア・ミラノで発表され、さらに2年の開発期間を経て、2021年、アンビエンテックより新たなアンビエント照明として製品化されました。

プロトタイプ時より引き継がれた、レンズの仕組みと光学に基づいた特殊な形状で制作されたアクリルパーツ。下部より光を投射すると屈折の効果によって、アクリルパーツの上部先端に光が浮かび上がります。その部材は繊細なアームによってバランスを取りながら立ち上がり、磁力というアナログ的でありながら、見えない力量を受けて繊細で不規則性を持った変容する光のテクスチャーを作り出します。

そのアクリルパーツを支える全体像は火を灯す伝統的な器具にインスピレーションを受けています。火を持ち運ぶことを可能した様々な器具は、火と人間との自由な関係性を築いてきました。hymnの幾何学的なフォルムは、私たちの生活空間に寄り添う柔らかなラインと削ぎ落としたエッジあるデティールで構成され、アンビエンテックが持つ技術力によって実現しています。光と人間の暮らしの関係性から生まれてきた様々な器具たちは火そのものを良く知るヒントとなりました。

このアンビエント照明が目指したのは火を写実的に再現、擬似することではありません。

「火」の存在を再解釈し、その根源に宿る魅力そのものを、私たちの日々の暮らしの概念が拡張していくような体験価値へと昇華させることにあると考えています。

私の感動的な記憶には常に光が伴っています。私が見たあの一本の蝋燭のように、hymnが放つ光が誰かの新しい情感を形作っていくことを願っています。

光学と実験に基づいて設計された特殊なレンズ形状。

火を灯す伝統的な燭台にインスピレーションを受けたペンデュラムレンズを支えられる持ち手。

光と人間の関係性から生まれてきた様々な器具をヒントに、柔らかなラインと削ぎ落としたエッジあるディテールで構成された全体像。

下部より光を投射すると屈折の効果によって、アクリルパーツの上部先端に光が浮かび上がります。その部材は繊細なアームによってバランスを取りながら立ち上がり、磁力の見えない力量を受けて繊細で不規則性を持った変容する光のテクスチャーを作り出します。

レンズと磁石で構成された、揺らぎある光を生み出す特徴的なペンデュラムレンズ。
(特許申請中)

吹きガラス職人によってつくられたガラスシェード。

hymn の「ゆらぎ」 をぜひ映像でご覧ください。

hymn Black

空間に馴染みやすいマットな質感

 

hymn Gold

艶やかさがあかりを引き立たせる

 

Designer

吉添裕人 | Hiroto Yoshizoe

武蔵野美術大学 空間演出デザイン学科卒業。京都芸術大学非常勤講師。乃村工藝社にてデザイン職を経験した後、独立。空間デザイナーとしてホテルやレストラン等のアートワークや特殊造作、特注建築建材の原図提供等、商業空間の特徴的な構成要素のデザイン・設計を担っている他、多様なデザイナーやアーティストとの協働によって空間に対して様々なアプローチを行っている。また、都市開発計画や大型ショッピングモール等の長期プロジェクトに対して基本構想や動線計画等のプランニング業務も行っており、デザインフェーズとは異なる領域でも活動。独立後に携わったプロジェクト数は250を超える。
また近年ではメーカーやファッションブランドとのコラボレーションをはじめ、クライアントワークとは異なる個人制作を行っており、その作品は国際的なコンペティションであるLEXUS DESIGN AWARD 2016 にてTOP12、 翌年2017年にはグランプリを受賞。2018年にはアメリカの建築誌dwellが選ぶ、世界の注目若手デザイナーdwell24に選出されている。過去5年間で日本、イタリア、アメリカ、ブラジル等、各国で作品を制作している他、2020年には中国上海で大型のインスタレーション作品を発表している。

 

“The use of fire has led to the rapid evolution of human civilization.
People gather, pray, eat, and talk around it, as if a magnetic field has been built up since the ancient times.
I think that rethinking fire and rethinking light is synonymous with rethinking human life.”

The soft and warm color of 2000K, like a candle, is an essential element in the world view of hymn.

The flickering light is created by the movement of the pendulum lens, and the characteristic movement of the LED light when it is on and off is also a key point of the design. When the light is on, it shines strongly as if on fire, then the light intensity settles down, and after that, you can choose a stronger intensity if you like. When the light is turned off, it blinks out like a fire, playfully expressing the fun of interacting with light.

It is also IP66 waterproof, which means it can withstand strong water flow from all directions, so it can be used in the bathroom or outdoors. The dome-shaped glass shade is one of the most unique features of hymn, as it adopts a shape that cannot be achieved by ordinary fire. 

Whilst researching the state of light in the modern age, an image of a church I visited in Florence, Italy, suddenly came to my mind. There was a semi-underground space directly underneath the chapel, and although it was dimly lit, I remember that there was a hint of daylight shining through the small window, and the atmosphere felt crisp and clear.
A grain of light was floating among that space, flickering, and wavering. It was a single candle flame.

As I trace back the vivid memories and ponder, there is no doubt that the existence of fire, which has been used by humans since ancient times, is closely connected to our lives even today.
People gather around fire to pray, eat, and talk by its light, and creates a warm scene of light that accompanies human life. I feel that these sceneries continue to create new emotions that move our hearts deeply.

“hymn” was presented in Milan, Italy, in 2019 as a prototype work based on the concept of the primitive light, fire. After another two years of development, it has been commercialized as a new ambient lighting by Ambientech in 2021.

Inherited from the original prototype design, the acrylic component is formed into a special shape based on the mechanism and optics of a lens. When light is projected from the bottom, the refraction effect causes light to appear at the top of the acrylic component. It is balanced by a delicate arm and rises, creating a fragile and irregular texture of transforming light under the analog but invisible force of magnets.

The overall design that supports the acrylic component is inspired by the traditional apparatus for lighting fire. For the design to settle into our living space, the geometric form of hymn is made up of soft lines and minimalistic yet cutting edge details, realized by Ambientec's technology. Tools that have emerged from the relationship between light and human life have provided hints to better understand fire itself.

The aim of this ambient lighting is not to reproduce or simulate fire in a realistic way.
It is about reinterpreting the existence of fire and sublimating its fundamental appeal into an experiential value that expands the concept of our daily lives.
My emotional memories are always accompanied by light. I hope that the light emitted by hymn will create a new emotional experience to the viewer, just like the candle I saw in Italy.

Special lens shape designed based on optics and experiments.

A handle supporting a pendulum lens inspired by a traditional candlestick for lighting a fire.

Inspired by the various devices that have emerged from the relationship between light and people, the overall image is composed of soft lines and edgy details that have been trimmed away.

When light is projected from the bottom, the effect of refraction causes light to emerge at the top of the acrylic part. The part is balanced by a delicate arm and rises up to create a delicate, irregular, and transforming texture of light under the invisible force of magnetic force.

The distinctive pendulum lens consists of a lens and a magnet to create a shimmering light.
(Patent pending)

Glass shades made by glass blowers.

Please watch the video to see the "fluctuation" of hymn.

hymn Black

Matte texture that blends easily into the space.

hymn Gold

Matte texture that blends easily into the space.
The luster makes the light stand out.

Designer

Hiroto Yoshizoe

Graduate of Musashino Art University in Scenography, Display and Fashion Design, Hiroto is a spatial director and designer based in Tokyo, working on art direction and spatial designs for commercial spaces. As a spatial designer he specializes in customized artworks, blueprints of architectural materials, decorations for hotels, and restaurants. He also collaborates with a wide range of designers and artists to create space through varying approaches. Other than design, he also takes part in long term projects planning concepts and circulation for urban development and large-scale shopping malls. He has been involved in over 250 projects over the past eight years.
In recent years he has collaborated with manufacturers and fashion brands and has commenced presenting his individual design projects. Hiroto won Grand Prix of LEXUS DESIGN AWARD 2017, and was also selected as one of emerging young designers “dwell24” by American design magazine dwell in 2018. In the past five years, he has shown his work in numerous countries such as Japan, Italy, America, and Brazil, and in 2020 he presented a large scale installation in Shanghai, China. Hiroto is also a part time lecturer at Kyoto University of the Arts.