Progressive Collection

幻の名品 倉俣史朗 SAMBA-M 復刻

20世紀を代表するデザイナーの一人、
倉俣史朗 (1934〜1991年) の幻の名品【SAMBA-M】の復刻商品

20世紀を代表するデザイナーの一人、倉俣史朗 (1934〜1991年) の幻の名品【SAMBA-M】の復刻商品

SAMBA-Mの復刻は、倉俣の没後30年にあたる2021年、クラマタデザイン事務所監修のもと、ギャラリー田村ジョーの企画によりプロジェクトがスタートしました。そして、現存する図面や現品をもとにアンビエンテックがダブルウォールガラスや防水性能、コードレス、長寿命のリチウムイオンバッテリーを使用した充電仕様への改良を加えています。

SAMBA-Mは当時の最新テクノロジーであった赤色発光ダイオードをワイングラス型のガラスで包んだオブジェで、当時は製造が非常に困難で大変高価だったために僅かな生産しか叶いませんでした。復刻版では、技術の進歩によって価格的にもより多くの方々に親しんでいただけるような製品化を目指し実現に至りました。

 

SAMBA-Mがお披露目されたのは、1988年に東京、パリ、ミラノを巡回した展覧会「I N -SPIRATION」です。

同展には、既存の概念にとらわれない新しい照明デザインを提案する、国内外の20組以上の若いクリエイターが招かれ、まだ無名だったロン・アラッド、ザハ・ハディドなども参加していました。倉俣は、監修・会場構成を担当するとともにSAMBA-M を出品し、オープニングパーティーでシャンパンを注いで赤く点灯させゲストを驚かせたというエピソードも残っています。

 

 

SAMBA-M(サンバM)の仕様

SAMBA-M(サンバM)の仕様

SAMBA-M(サンバM)

 

Designer

倉俣史朗(1934~1991年)

倉俣史朗は、20世紀の日本で最も重要なデザイナーである。彼の、西洋のデザインとも日本の伝統的なそれとも大きく異なる独自のスタイルが、後のデザイン界に与えた影響は計り知れない。倉俣は、空間と家具デザインを中心に、1960年代半ばから亡くなる1991年まで活動している。
手がけた空間の大半は店舗で、現存するものはごく僅か。全世界で109店のイッセイミヤケのブティックを手がけている。
一方家具や照明は、シュールレアリズムや現代美術からの影響が強く、浮遊感、透明性、儚さ、独特の素材使いなどが大きな特徴。効率やマーケティングを重視した現代に多いデザインとは対極にある。
イタリアのカッペリーニ社などから家具も発売されているが、大量生産に向かないアートとプロダクトの中間の存在が殆どである。
代表作は、エキスパンド・メタルを溶接で繋いだ 「How High the Moon」や、透明なアクリルの中に、バラの造花を封じ込めた 「ミス・ブランチ」 。
どちらも高い職人の技術が用いられているが、そうした痕跡を残さないのが倉俣流だ。
エットレ・ソットサス率いるメンフィスの活動にも参加している。
また、パリのポンピドーセンター、ニューヨーク近代美術館 (MoMA) 、バーゼルのヴィトラ・デザイン・ミュージアム、ロンドンのヴィクトリア&アルバート博物館など世界の主要な美術館で、彼の手掛けた家具・照明がパーマネントコレクションとして収蔵されている。
また、今年末には香港でオープンするデザインミュージアムM+で、1988年にデザインした新橋の寿司屋「きよ友」が移設され常設展示される予定。

Gallery

ギャラリー田村ジョー

会長の田村昌紀(株式会社センプレデザイン会長)と、ジョースズキ(デザインプロデューサー・文筆家)が共同で運営するデザインギャラリー。
倉俣の代表作であるHow High the Moonなどの復刻・販売を行う。SAMBA-Mは、同ギャラリーの企画のひとつ。
田村昌紀は、実業家の父親、デザイナーの母親のもとに生まれ、自身も経営とデザイナーの二つの顔を持つ。アメリカのクランブルック・アカデミーで学び、帰国後は日本のインテリア界に新風を吹き込む。
ライフスタイルショップ、センプレデザインは自身のセレクトにより、才能ある若手デザイナーのプロダクトが、日本で最初に販売されるケースも多い。
ジョースズキは、国際的な機関投資家からの転身。
海外デザイナーや家具メーカーの社長インタビューを得意とし、著書『名作家具のヒミツ』はamazonでジャンル1位を獲得。海外デザイナーとのモノ作り、イベントを主催するなど、行動するジャーナリストでもある。
美術品収集歴は35年以上で、美術・東京オペラシティアートギャラリーの立ち上げに関わったこともある。

Reissue of “SAMBA-M” by Shiro Kuramnata

This is a reissue of the fantastic masterpiece [SAMBA-M] by Shiro Kuramata (1934-1991), one of the great maestro of design in the 20th century.

The project for the reissuing of SAMBA-M was initiated by Gallery Tamura Joe under the supervision of Kuramata Design Office in 2021, 30 years after Kuramata's death.
Based on the existing drawings and the actual product, Ambientec improved it to be double-walled glass, waterproof, cordless, and rechargeable powered by a long-lasting lithium-ion battery.

Original SAMBA-M was objet d'art in which a red LED the latest technology at the time, encased in a wine-glass-shaped glass.

 It was very difficult and expensive to produce, and only a small number were made available to the public.

The reissue "SAMBA-M" by Ambientec was achieved with the goal of developing a product that would be affordable to a larger range of people through the advancement of technology.

SAMBA-M was unveiled in 1988 at the exhibition "IN-SPIRATION," which toured Tokyo, Paris, and Milan. The exhibition invited more than 20 young creators from Japan and abroad who proposed new lighting designs unconstrained by existing concepts, and included Ron Arad and Zaha Hadid. Kuramata supervised the exhibition, the venue configuration, and exhibited his work “SAMBA-M”. At the opening party, he surprised the guests by pouring champagne on the SAMBA-M and lighting it up red.

The reissue "SAMBA-M" by Ambientec was achieved with the goal of developing a product that would be affordable to a larger range of people through the advancement of technology.

SAMBA-M was unveiled in 1988 at the exhibition "IN-SPIRATION," which toured Tokyo, Paris, and Milan. The exhibition invited more than 20 young creators from Japan and abroad who proposed new lighting designs unconstrained by existing concepts, and included Ron Arad and Zaha Hadid. Kuramata supervised the exhibition, the venue configuration, and exhibited his work “SAMBA-M”. At the opening party, he surprised the guests by pouring champagne on the SAMBA-M and lighting it up red.

SAMBA-M Specifications

SAMBA-M Specifications

SAMBA-M

 

Designer

Shiro Kuramata (1934 – 1991)


His countercultural style creates unexpected relationships between objects, and his legacy is a major one for the whole design world. After earning a degree in Architecture from the Tokyo Technical College, he began working for the furniture company Teikokukizai in 1953. In 1965, he founded the Kuramata Design Office. In the 1970s and 1980s he explored the possibilities offered by emerging technologies and industrial materials. In 1981, he joined the Italian design collective known as the Memphis Group.

He shared a playful spirit and passion for bold colors with the members of the group, and became close friends with its founder Ettore Sottsass. His surrealist vision revolutionizes everyday objects through a mix of art, craftsmanship, and design. Among his most disruptive designs are the steel mesh armchair “How High the Moon”, and the “Miss Blanche” armchair in clear methacrylate with colorful paper flowers embedded in the material. He also designed the “Progetti Compiuti” line of drawer units for Cappellini. He passed away prematurely in 1991, at the age of 56. Many of his works are on view in the permanent collections of major world museums including the Centre G. Pompidou in Paris, the MoMA Museum of Modern Art in New York, the Vitra Design Museum in Basel, the Victoria & Albert Museum in London and the National Museum of Modern Art in Kyoto.

Gallery


Gallery Tamura Joe

Gallery Tamura Joe is one of the most influential design galleries in Japan directed by entrepreneurs and design enthusiasts Masatoshi Tamura and Joe Suzuki.

Masatoshi Tamura is a graduate of the Cranbrook Academy of Art in the United States. Back in Japan, he founded Sempre Design, a lifestyle store that is well known among design- enthusiasts for its selection of talented and emerging designers.

Joe Suzuki is both a designer and an entrepreneur. He collaborates with international artists in the development of new projects and he also organizes design events.
A journalist by passion, he is the author of "A Secret of Masterpiece Furniture," a publication still considered a best seller among design books.
Suzuki is also an art collector and participated in the establishment of the Tokyo Opera City Art Gallery.